スーパーフォトセラフィーとは

様々な波長の光(フラッシュランプ)を照射して表皮の疾患を取り除き、肌の若返り・活性化を図る総合的治療法です。
加齢による色素沈着(しみ、そばかす)、小ジワ、ニキビ、毛穴の開き、浮き出た毛細血管(頬・小鼻など)、脱毛、肌質改善などいろいろなお悩みに対応できます。
照射による皮膚内部でのダメージが少なく、治療時間も短いため、肌にやさしく安全性の高い治療が可能なことも大きな特徴です。

 

 

レーザー治療との違い

レーザー治療もスーパー・フォト・セラピーも光を用いるという点では同じです。しかし、レーザーは単一の波長の光で、治療する疾患によって波長の使い分けが必要です。
例えばメラニンに起因するシミなどは、ルビーレーザーが最も効果的と言われています。またイボやホクロの切除には、炭酸ガスレーザーを使用するのが一般的です。
このように疾患によって波長を選ぶ必要があるため、高出力での使い分けを必要とするレーザーは、治療後の赤みや炎症性の色素沈着などを起こすことがあり、術後の回復に時間を要することが難点でした。

 

戻る